fc2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

大山の秋は6合目付近: 大山元谷 

2021年10月18日(月) 鳥取県大山町 大山元谷(1020m) 日帰り単独行 


仕事がキャンセルになって月曜日が休みになったので、大山の秋を探しに行ってきました。


装備リスト
●アッパー
 ドライレイヤ: ノースフェイス パラマウントタンク
 ベースレイヤ: マムート アタカソジッププルAF
 ミドルレイヤ: なし
 ソフトシェル: マムート ウィンドストッパーアクティブシェルジャケット
 ハードシェル: マムート エアロスピードジャケット
 インサレーション: バーグハウス ラムチェハイパーダウンジャケット
 グローブ: マムート メリットパルスグローブ
 キャップ/ハット: マムート アドベンチャーベンチレーションハット

●ボトムス
 ドライレイヤ: なし
 ベースレイヤ: なし
 ミドルレイヤ: マムート ソフテックトレッカーズパンツ
 ハードシェル: ミズノ ベルグテックEXレインパンツ
 インサレーション: なし
 ソックス: ミズノ ドライベクターソックス中厚
 シューズ: マムート デュカンハイGTX

●ギア
 バックパック: ハクバ GWアドバンス ピーク25
 ストック: なし


IMG_7944_20211018212203a79.jpg
週末から急に冷え込んで、今日の天気予報だと1000m付近は10度を下回る気温になるということで、それなりに防寒を意識したウェアリングにしました。とはいえ、まだ初秋なので吸湿速乾素材でそこそこの保温性をもつマムート アタカソジッププルAFをベースレイヤ-にし、ウィンドストッパーのソフトシェルジャケットという組み合わせにしました。念のため、ダウンジャケットも持っていきましたが、さすがにダウンジャケットを着るほど寒くはありませんでした。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_7940_202110182121594f4.jpg
最初は南壁の二ノ沢を登るつもりでしたが、なんと大山パークウェイの鍵掛峠~桝水高原間が10月22日まで通行止めになっていて、二ノ沢まで行くことができませんでした。


IMG_7941_202110182122009cf.jpg
木谷から鳥越峠経由で烏ヶ山方面へ行くことも考えましたが、烏ヶ山も大山も上の方は雲の中にすっぽりと隠れていて、今日は登山という気分ではありません。早起きして寝不足のせいか、体調もいまいちな感じなので、大山寺から元谷までゆるりとトレッキングして帰ることにしました。


大山寺に着いたのは10時20分頃でした。月曜日なので南光河原駐車場は空いていると思っていってみると、なんと満車になっていて入口がパイロンでふさがれていました。


IMG_7942_202110182122016a8.jpg
博労座駐車場に車を停めて、外気温度計をふと見ると、10度になっていました。大山寺で10度なら、元谷まで登ると8度ぐらいになっていそうです。どうやら天気予報は当たっているようです。


IMG_7945_202110182144542fc.jpg
10:42 出発です。月曜日の午前中だというのに、博労座駐車場も8割がたぐらい埋まっています。


IMG_7946_202110182122067f6.jpg
大山寺の参道をのんびりと登っていきます。こちらもちらほら観光客が歩いていて、コロナ前よりもむしろ人が増えているような感じです。


IMG_7948_20211018212207d0c.jpg
大神山神社の参道も観光客がいて、まるで休日のようです。


IMG_7949.jpg
大神山神社から登山道に入りましたが、秋の気配は皆無でした。


IMG_7950_20211018212210eb3.jpg
11:16 下宝珠越えへの分岐です。いつもなら左の下宝珠越え方面にいくところですが、今日は直進して元谷へ向かいます。


IMG_7951_20211018212212ec2.jpg
11:35 元谷に着きました。汗をかかないようにかなりゆっくり歩いてきましたが、それでもうっすら汗ばんでしまいました。


IMG_7952_2021101821235932f.jpg
元谷の河原まで出ると、夏山登山道が通っている尾根が正面に見えました。ちょうど6合目避難小屋あたりから上が紅葉しているようです。


IMG_7962_20211018212406fbd.jpg
宝珠尾根はかすかに紅葉が始まりかけているように見えますが、まだまだこれからという感じです。背後に見える三鈷峰は、それなりに黄色く染まり始めています。


IMG_7953_20211018212400079.jpg
北壁上部はガスの中ですが、下の方はわずかに色づき始めているのが見えました。


IMG_7959.jpg
元谷から見る北壁は、いつ見ても圧倒的なスケール感と迫力に満ちています。


IMG_7956_20211018212402784.jpg
元谷避難小屋は、周囲の木々が成長してきたためほとんど見えなくなりつつありました。


IMG_7957_20211018212403bda.jpg
11:48 行者コースの上の方が紅葉していたら登ってみるつもりでしたが、全然色づいていないので、元谷でのんびりすることにしました。避難小屋前の砂防堰堤の上で休憩です。


IMG_7965_202110182124082f0.jpg
お昼時ですが、あまり空腹感がないので、カフェオレだけ作って飲むことにしました。


IMG_7966_20211018212409b5f.jpg
正面に豪円山があり、その背後に日本海が見えています。はじめは気が付かなかったのですが、水平線上になにかあるなと思ってよく見ると、どうやら大きな島影が見えているようです。それで、はたと気が付きました。隠岐諸島です。


IMG_7967_202110182124111e5.jpg
写真のコントラストを調整するとわかりやすくなりました。豪円山の右に見えているのが島後です。


IMG_7968_20211018212412f8b.jpg
豪円山の左側には、島前がみえています。


大山から日本海を見た記憶は何度もありますが、はっきりと隠岐諸島を意識して見たのは、実は今回が初めてのような気がします。いままでは見えていても気が付かなかっただけなのかもしれませんが、隠岐諸島を認識した記憶はありません。なんだかすごく得したような気分でした。


IMG_7969_20211018212638741.jpg
12:19 30分ほどのんびりしていましたが、少し寒くなってきたのでそろそろ下山することにします。


IMG_7971_20211018212639ca2.jpg
6合目避難小屋のあたりをズームアップしてみました。斜面の木々が赤く色づいているのがわかりますが、6合目から上は登山道が稜線を辿るので、あまり紅葉した木々を見ることはできません。5合目あたりから下に広がるブナ林が紅葉し始めるまで、まだ1週間以上はかかりそうです。元谷や大神山神社付近まで降りてくるのは、11月になってからかもしれません。


IMG_7972_20211018212640c88.jpg
元谷に別れを告げて、登山道を下ります。


IMG_7973_20211018212642cd9.jpg
12:42 大神山神社を通過します。


IMG_7975_20211018212643ea4.jpg
大山情報館の壁に設置されている温度計は、14度を指していました。


IMG_7976_202110182126453f7.jpg
13:03 博労座駐車場に戻ってきました。2時間半程度の緩いハイキングでしたが、まったく紅葉に出会えなかったので、まあこんなものでしょう。寝不足のためかなんとなく頭がふらつくような感じがあり、家に帰ってからもその感覚が消えません。まだ気管支炎が全快していないのかもしれないので、無理は禁物です。さっさと寝て体調を整えたいと思います。

大山のトラックデータログもだいぶん増えてごちゃごちゃしてきました。なので、今回のログは青色でわかりやすくしておきました。
map20211018_daisenmotodani.jpg



ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング









スポンサーサイト



| 2021年10月 大山元谷 | 21:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV