fc2ブログ

ヤマふぉと

山の自然や風景をゆったりと眺め、写真を撮るために山に登る。だから、登頂や縦走を目的とせず、好きな山域でテントを張ったり小屋に連泊して、カメラ片手にのんびりと過ごす。そんなスローな山登りを楽しんでます。相互リンクはしていませんので、リンクはご自由にどうぞ。当ブログ内に掲載してある写真の無償提供はしておりません。また、無断で使用することは固くお断りいたします。

NEXT | PAGE-SELECT | PREV

≫ EDIT

N-VAN快適化計画その3: 電源ソケット増設 

N-VAN快適化計画その1の冒頭で記事にしたカーエアーシートの電源の件ですが、増設用の電源ソケットが届いたので早速取り付けてみました。


電源ソケット
購入したのは、エーモンの「電源ソケット DC12V/24V60W以下 ヒューズ電源タイプ 4957」というものです。これは、車のヒューズボックスから電源をとるタイプなので、装着されているヒューズと交換するだけで電源ソケットを増設することができます。





IMG_6025_202207042151073af.jpg
運転席の足元にあるヒューズボックスを確認して、どのヒューズを交換するか決めます。ハンドルの下にヒューズボックスの説明が貼り付けてあるのですが、アンペア数はわかるものの、イラストだけだと何のヒューズなのかよくわかりません。購入した電源ソケットについているヒューズは15Aのものなので、15Aのヒューズの中から選ぶ必要がありますが、万一トラブルが起こった場合でも、車の走行に影響を及ぼさないところを選ばないといけません。


IMG_6034_2022070421511562f.jpg
ということで、マニュアルを開いて、運転席ヒューズボックス(エンジンルーム内にも別のヒューズボックスがあるので、間違い注意です)の説明を確認してみると、7番が助手席パワーウィンドウ15Aなので、これがよさそうです。万一ヒューズが飛んでも助手席の窓の開閉ができなくなるだけなので、走行に支障はありません。


IMG_6025_202207042151073af.jpg
もう一度運転席下の説明書きで7番の位置を確認すると、一番上の右から2番目です。


ヒューズボックスを確認すると、確かに最上段の右から2番目は15Aの青いヒューズが刺さっていました。刺さっているヒューズを外してすぐに電源ソケットのヒューズを指したいところですが、その前に+端子がどちらなのかを確認します。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




検電テスター
以前購入しておいた検電テスターをあてて、+端子を確認しました。エンジンを切った状態では、どちらの端子にテスターをあててもランプが点灯しませんでしたが、エンジンをかけて上側の端子にテスターを当てたら光りました。ということで、+端子は上側ということが判明しました。ちなみに、僕が購入したテスターは、380円という超安物の中華製品でしたが、とりあえず電気が流れるかどうかの確認だけできればいいものなので、複雑な構造の商品ではないこともあり問題なく使えました。いかにも安物臭い作りですが、用途と使用頻度を考えればOKです。




IMG_6027_2022070421510977a.jpg
+端子がわかったところで、電源ソケットのコードがついている側を+端子の方へ差し込みます。なお、N-VANのヒューズは、最初に装着されていたタイプではなく、予備で付属している一番小さいタイプだったので、プラスチックケースに入っている円筒形の10Aヒューズを取り出して、一番小さいタイプのヒューズがついているコードに交換しました。


IMG_6029_202207042151106db.jpg
電源ソケットには先端にクワ型端子がついているケーブルがもう一本ありますが、こちらは-端子になるので、適当な金属のボルトなどに挟み込んでやればいいだけです。ちょうどヒューズボックスの近くにむき出しの金属パーツがあり、そのボルトを緩めて装着しようとしたのですが、これがきつくて緩めることができませんでした。仕方がないので、ボルトの下にある長楕円の穴に手持ちのM6ボルトナット取り付けて、それにクワ型端子を装着することにしました。


IMG_6032_202207042151129a7.jpg
装着完了はこんな状態です。ケーブルがぶらぶらしないように既存のワイヤーの裏を通して手前に出てこないようにしたら、特にぶらぶらすることもなかったので、タイラップなどで結束せず、プラスチックパーツの裏側にケーブルを這わせてフロアまで下ろしました。


IMG_6033_20220704215113168.jpg
最後は足元のフロアマットの下にケーブルを通して、運転席下まで電源ソケットを持ってきて、無事にカーエアーシートの電源を接続しました。カーエアーシートの電源ケーブルは、シート座面の右後ろから出ているので、運転席右下に電源ソケットが持ってこられたのはちょうど良かったです。もちろん、これで無事にカーエアーシートを動かすことができるようになりました。


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村


登山ランキング


関連記事
スポンサーサイト



| ホンダN-VAN | 22:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

NEXT | PAGE-SELECT | PREV