fc2ブログ
2024/03/26

雪山予想が大外れ: 男三瓶山その2

2023年3月16日(土) 島根県大田市三瓶町 男三瓶山(1126m) 日帰り単独行 



IMG_2183_202403260115012fd.jpg
犬戻しの急登を登り切って山頂台地の縁に出てきてホッとしたところで、山頂に向けてビクトリーロードを進みます。登山道を含めて少し雪は残っているものの、一面雪原というようなことはなく、残雪が残る春山の風景が広がる中を、山頂に向かいました。


IMG_2184_202403260115038a2.jpg
10:51 山頂に到着です。広い山頂には、数人の登山者がいるだけでした。


IMG_2185.jpg
山頂標識です。


IMG_2186_20240326011505f40.jpg
こちらは三角点。


IMG_2187_2024032601150763d.jpg
北側の展望台に雪はありませんでした。


IMG_2188_202403260115080f9.jpg
北側の展望台から見る西方向の展望です。


IMG_2189_202403260115101a5.jpg
眼下には北の原が見えていましたが、遠方はかすんで良く見えません。



ここで一息。ぽちっと押したら、引き続きブログ「ヤマふぉと」をお楽しみ下さい。




IMG_2190_20240326011511f08.jpg
一通り展望を楽しんだところで、ランチタイムです。まだ11時ですがおなかが空いていたので、早めに済ませることにしました。今回は久しぶりにカップ麺です。デザートはローソンのバームクーヘンです。


IMG_2191_20240326011513e30.jpg
少し寒かったことに加えて、ラーメンは久しぶりなので、余計においしく感じました。


IMG_2193_2024032601151487e.jpg
今回は時間に余裕があるので、デザートもしっかり頂きました。ブラックコーヒーとともに頂きましたが、ローソンのバームクーヘンはよく知っているたっぷり中身がつまった硬めのものではなく、スポンジケーキのようなタイプだったので、自分の中のバームクーヘンのイメージとの違和感が強くて、あまり満足感は高くありませんでした。味は悪くないのですが、リピートはしないかな。


IMG_2195_20240326011633deb.jpg
食後に、南側の展望台に立ち寄りました。


IMG_2198_20240326011636251.jpg
南側の展望台からは、眼下に広がる室の内と室の内池を見ることができ、展望をさえぎる木々が無いので北側の展望台よりも視界が広く感じます。


IMG_2196_202403260116346cd.jpg
室の内の解説も掲示されていて、いい勉強になりました。


IMG_2199_202403260116370dd.jpg
11:43 下山開始です。


IMG_2200_20240326011638cd4.jpg
避難小屋には立ち寄らず、まっすぐ下山します。


IMG_2201_202403260116407b7.jpg
頂上台地の縁から、雪の積もった急坂を慎重に下ります。


IMG_2202_202403260116429c3.jpg
気温が上がって緩んだ雪を踏み抜かないように、足場を確認しながら下りました。


IMG_2204_20240326011643749.jpg
ロープも、手がかりになる低木も無い場所は、斜面の雪に手を入れて雪を掴みながら通過しましたが、かなり冷たかったです。


IMG_2206_20240326011645b11.jpg
鎖のある場所もありますが、ほんの一部です。


IMG_2208_202403260116311f4.jpg
斜面のトラバース区間が終わると、最後の急坂下りです。


IMG_2210_2024032601212564f.jpg
無事に犬戻しを通過してユートピアの上に出てきました。結局念のためにともってきたスノースパイクは使わずに済みました。


IMG_2211_202403260119279d7.jpg
12:19 兜山を通過します。


IMG_2212_20240326011928966.jpg
兜山直下のロープ場は、難所である犬戻しを通過して気が緩みがちなので、足をひっかけて転倒しないように慎重に下りました。


IMG_2213_202403260119295af.jpg
12:35 女三瓶山下の縦走路に合流です。


IMG_2214_20240326011930c01.jpg
女三瓶山山頂に寄って休憩しようかと思いましたが、短い距離とはいえわざわざ登るのも面倒だったので、すぐ下の展望台で休憩することにしました。


IMG_2215_20240326011932b49.jpg
13:01 女三瓶山と大平山の間にある鞍部に降りてきました。左に折れてリフトの方へ向かいます。


IMG_2216_202403260119343d9.jpg
下山途中に東の原を見下ろすと、朝方は逆光気味で遠くの方はあまり見えなかったのに比べて、少し展望が良くなっていました。リフトが動いていたら楽して下りたいところですが、長い林道をダラダラと下って行きます。


IMG_2217_20240326011935b52.jpg
13:31 登山口まで帰ってきました。


IMG_2218_202403260119363db.jpg
13:34 駐車場に着くと、朝方よりも停まっている車は増えていましたが、晴れた週末の土曜日とはいえ、混雑感はありません。そういえば、登山者もあまり見かけなかったので、やはりリフトが動いていないと上まで登ってくる人は少ないようです。


IMG_2221_20240326011938c77.jpg
帰路の途中、三瓶山のふもとにある鶴の湯という温泉に立ち寄りました。14時ごろに立ち寄りましたが、とても空いていて、浴室に入ると1人入浴していただけで、ほぼ自分と入れ違いで上がられたので、出る直前まで貸し切りで温泉を楽しむことができました。鉄分を含んだ赤茶色のお湯で、源泉はわりとぬるめですが、湯舟の方には加温したお湯が注がれていて、ちょうどいい湯加減でした。ただし、洗い場は水道の蛇口が1つあるだけのシンプルなものが4か所あるだけです。壁から突き出た太いパイプから下に置かれた瓶の中に源泉がジャバジャバと豊富に注がれていて、洗髪などはそこから洗面器ですくって流さないといけないので、しっかりシャンプーやボディーソープを使って洗いたい人にはあまり向いていないかもしれません。駐車場は、建物前に2台分と、隣の空き地に5台分ぐらいのスペースがあります。入浴料は大人300円、小人150円ととてもリーズナブルです。


map20240316sanbesan.jpg


ブログ「ヤマふぉと」のランキングアップにポチッとご協力お願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト